2016年5月15日日曜日

シャフト、ロボット、うっ頭が・・・

こちらの記事を読んで、ヒトネタ。ここまで姿を変えてでも二足歩行にこだわる理由は分からない。

あと、タブレットを使って授業をする試みがあるけど、先生の端末とつないでしまうと黒板不要になるのかな?先生の負担が減って、一人ひとりをしっかり見てあげられるようになると良いのだけど・・・

答えは出ないけど

たまに宇宙のことを妄想するのは楽しい。

2016年5月10日火曜日

10で何とかなった、たぶん

イラストはWindows7+VMWare+AzPainterB(Memo近況にあるもの)を利用したものなので、本文とは関係ない。

とりあえずWindows10+Intuos2+VMWare(Ubuntu14.04)でイラストを描く環境は構築できた。色々と組み合わせた結果で、個人の環境で結果が異なると思われるので設定は残さない。以下は苦闘の履歴。

Ubuntu16.04にするとペンタブがピクリとも動いてくれない。一発でペンタブの認識をしてくれない。
VMWareをWorkstationにしたら筆圧感知が戻ってきたが今度は共有フォルダが利用できない。仕方なく、Windows(ホスト)側に共有フォルダを作り、ネットワーク経由でマウントすることで代替。

さて、OSとかVMWareのアップデートとかで改善されていくのか、それとも切り捨てられてしまうのか。とりあえずWindows7の時とほぼ同じ環境に到達したので、しばらくWindows10で様子見。

2016年5月9日月曜日

アップグレードからの7戻り

筆圧が戻ってUbuntuを16.04で仮想環境へ入れ直して、AzPainterは設定を上書きせず、気分転換に作りなおしての一枚。結局昔と大差ない。もう少し感性が変化していると思っていたけど、そうでもなかった。