2014年12月3日水曜日

心変わりの兆し

植物に関わる仕事のご縁をいただいた。絵の練習をしている私にはとても幸せなめぐり合わせ。
それにともない久しぶりにアナログ絵をやってみたが、ひどい有様。上はデジタル絵。

2014年11月1日土曜日

いろいろと

いろいろあって、いろいろやりたくて、いろいろ考えている。

2014年10月9日木曜日

いろいろある

今朝アップロードする予定だったが出来なかった。なんでだろう?

2014年9月28日日曜日

細長い生き物

頭部のみだが鰐の練習。自然な奥行き感を出す感覚はまだ掴めない。他の生物も練習しながら細長い生き物を描く感覚を養っていく。

2014年9月20日土曜日

目にやさしい

アイデアが出たと思ったのに、新製品のニュースにそのアイデアが含まれていることがよくある。ある程度円熟した技術が一般に出回ることを考えれば、もっと基礎研究に目を向けるべきか。

2014年9月15日月曜日

ネタ出しに時間をかけよう

失敗した完成品

AzPainterでの下描きからInkscapeでの仕上げまでを一枚に合成し、いい感じに仕立て上げてみたかったが失敗。もう少し時間をかけてネタ出しすべきだった。

原画

右にいる耳の長い生物はInkscapeで上書きされる予定なので適当。

Inkscapeにて

出力が小さいのでかなり適当。

線がなく色が淡いのでぼんやり。線の有無による色の使い分けの必要性。

2014年9月14日日曜日

にょろにょろ

前回の紙の隅にちょろっと描いた蛇の出来が悪かったので少し練習。単純な形であるがゆえに難しい。もう少し上を目指したくなったらまた練習しよう。

2014年9月6日土曜日

秋の気配?

庭で数匹のスズメバチが戯れていた。例年と比べると早いような気がする。羽音が静かだと感じたが気のせいか?

正面から描くのはなぜ難しいか。

2014年9月3日水曜日

ペン更新

Web漫画を読んでいたら素敵な線に出会って、久しぶりにそういう気分になったので更新。

2014年8月29日金曜日

二番煎じ

以前出した窓を無くして全面モニターにするアイデアは既出だった。くやしいので、液晶パネルを貼り付けるのではなく、プロジェクションマッピングで映像を映す方式を提案してみる。安上がりで、メンテもしやすいと思う。これも既出かな?映像と実物では有り難みが全く異なるので、使い分けが大切。

アイデアを作る時にすでにあるものを部品として使うことが多々あると思うが、どこからがオリジナルか、その判断が難しい。

2014年8月24日日曜日

全面表示領域型スマホと出遅れネタ

ボタンやカメラ類が表面に存在しない、こういう形のスマホが見てみたいという要求。問題点を上げればキリがないけど。

これを書いていて思いついたアイデア。ホームボタンの変更。裏面に物理ボタンを配置するのではなく、サイドにタッチ領域を設ける方式に変更。

透明太陽電池

GIZMODEさんの記事で透明ソーラーパネルのことが出てしまったので、記事に書かれていない自分の考えていたアイデアを出してしまう。

発電効率を上げるためにどうすればいいのか妄想してみた時に、太陽電池で発電に使われず反射してしまう光がありそうだと思った。そこで反射した光を受け取って発電できるような位置にもう一枚パネルを置けば良いのでは?と浅はかに考えた。いまいちなのでパネルを層にして、上の層の発電漏れを下の層で補う方式を考えた。そのために太陽電池を透明にする必要があるのだがそんな電池の存在を聞いたことがないのでそこでアイデアを捨ててしまったのだが、今回の記事を読んで思い出した次第。

2014年8月16日土曜日

こうもり

数年に一度、自宅のどこかで見かけることがあるコウモリを発見したのでパシャリ。

何をしているのか写真ではわからないと思われるが、もぞもぞと毛づくろいと翼づくろいをしている、かわいい。見とれていて二度もシャッターチャンスを逃す。

大あくびをした後おやすみなさい。もしかしたらハマって出られなくなっているかもしれないので、適当に様子を見ておこう。

肝心のコウモリはダメダメなのに家の汚れはしっかり写すデジカメ。こういう時だけ一眼レフをレンタルしたいと思う。

サイズの比較対象物を置き忘れた。頭からお尻まで約4cmほど。

鳥とか竜とか骨とか

前回の続き。久しぶりに恐竜を描いてみるがひどかったので鳥を練習。骨を想像して描く練習もしてみる。Tレックスとヒクイドリとダチョウがモデル。描けば描くほど問題が増えていく。

2014年8月14日木曜日

二人追加

deviantArtリンク

DavidSequeiraさん。ファンタジー系とデフォルメされた骨がメインと思われるが、そちらよりHowToが参考になりそう。

LiLaiRaさん。犬・狼類、ドラゴン類をたくさん描かれている方。頭の中に骨のイメージが出来上がっていると思われて、こういう勉強が必要なのだと教えられる。

上のお二方の絵を時折混ぜながらの落書き。双方ともに練習不足。おそらく練習の中で最も重要で最も時間のかかるデッサンが必要と思われる。

※頭文字を小文字に修正

2014年8月11日月曜日

二歩下がる

いままでもこれからも、人の絵を混ぜながら自分の求める絵を探すつもりでいる。しかし、今混ぜている絵は個性的で、少し強く惹かれてしまった。描けば描くほど悪い意味で上手くなってしまうのでしばらく息抜き。

2014年8月4日月曜日

百科

手元にある『こどものための百科』をうん十年ぶりに開いてみると、なつかしさと共に自分の描きたい絵はこういうものかもしれないという感じがした。ぺらぺらとめくると安野光雅さんの絵が目に止まった。今は自分の絵の中にこの要素を混ぜてみたいと思い、いろいろと模索している最中。非常に癖があるため、上手く取り込めないと真似で終わってしまう怖さがある。

2014年7月30日水曜日

ネタ出し

『振動で位置を知らせる』という単語をどこかで見かけて、ぱっと思いついたものを出してみた。良さそうなものが出なかったので深く考えていない。右下のメガネ型端末は振動とは別件。時々想像する完全なフリーハンドを目指した端末だが、もう少しスマートなデザインネタが欲しい。こういうものは最終的に身体に直接埋め込むようなことになるのだろうか。

今の科学力では実現できないがあれば社会が変わるようなアイデアを知りたい。

2014年7月26日土曜日

暑すぎてなんだかもう...

梅雨が開ける頃までに浴衣の絵を作りたいと思ったけど2週くらいしかなく、1から始める気力もなかった。で、4月か5月頃に出力した和服の絵を浴衣風に作り直す事にした。元の印象が強すぎるせいか浴衣らしく見えるまで時間がかかり過ぎた。

柄ももうひと工夫したかった。色選びも含め勉強不足。髪型を変えたかったけどこちらは時間不足かつ暑さでやる気も不足。これ以上手を入れるくらいなら1から始めるべきだと判断して筆を置く。

暑中お見舞い申し上げます。暑さと上手く折り合いをつけて夏を乗り切りましょう。

その他

CLIP STUDIOが30日無料ということでダメ元でインストールしてみましたがやはり駄目でした。PCのスペックが全く足りなくてカーソルがカクカクシカジカし、さらに、Wine経由のためタブレットの挙動がおかしくて絵を描くことが出来ませんでした。

プロがどんな道具で絵を描いているかは興味のあるところですが、レイヤー2枚+1:1で済んでしまう程度の絵しか描かない自分には必要ないものなのだ、と思いたい。

2014年7月19日土曜日

比較

手描きをInkscapeで作りなおしてみたサンプル。おおよそ20分ほどかかった、少し掛かり過ぎるだと思う。もう少し線を綺麗にしたいが、現在の自分の力量を記録しておくという意味でこのまま残しておく。

あるイラストレーターの風味を混ぜようとしている途中のイラストであり、ものにしていないため若干その影響が強く出てしまっている。

2014年7月14日月曜日

暑くなってきた

暑さでノリが悪くなってきた。紙の大きさを小さくするか何かしら変化を与えるかしばらくのんびりするか。描きかけ残り2枚。

2014年7月7日月曜日

線画140707

埋まったので出力。まだ好感触を得られない、模索中。色がないと線の使い方がよく現れ、現状よろしくない。たくさん絵を見て真似て血肉とする必要がある。

2014年7月4日金曜日

ブラシチェック

ペイントツールのブラシチェック。アナログ水彩のようなにじみが欲しいがあれをどうやって表現するか模索中。デジタルにしかできない表現も模索中。

2014年6月26日木曜日

試し塗り

ツールはAzPainter。色塗りはあまりやらないので他のツールとの比較は出来ない。
いままでペンと消しゴムをショートカットで切り替えていたが、消しゴムの設定方法があったなんて知らなんだ。これで左手が自由になる。

未熟で稚拙だからすべてが新鮮で楽しい。色選び、塗り方、色塗りに適した線画などまだまだ勉強することばかり。線だけで絵を描く時とは異なる考え方が必要でよい頭の体操になる。

2014年6月24日火曜日

ネタ吐きと落書きと筆圧感知

まだまだペンタブは絶好調だが、好きな時に好きな場所で落書きできたらいいなぁと思い最近のタブレットを少し調べてみたが、物足りなかった。

ペン側に筆圧感知をもたせるとレスポンスが悪そう。液晶側の筆圧感知が当たり前になれば流れが変わりそうだが、筆圧感知の需要が絵を描く以外にほとんど存在していない現状では技術的な発展を望めそうにない。

力加減がアプリの挙動に影響を与えることが定番となれば変わってくるような気がするなぁと考えていたら、一つ思いついた。

楽器の音量に使えそう。強く叩けば大きな音が、弱く叩けば小さな音がなるようなデジタル楽器アプリ。
これは感度の良し悪しがデバイスの売上に大きな影響を与えるような気がする。
書いてみて良さそうな気がしてきた。

ゲームならいくらでも応用できそう。というか力加減がゲームの結果に影響を与えるようになるとパネルの性能が跳ね上がりそうな気がする。

筆圧・力加減の有無がアプリの使い勝手(=売上)に影響を与えるようになれば流れが変わるだろうか?面白そうなのでネタ出しに少し脳力を割いてみよう。

2014年6月21日土曜日

一時しのぎと落書き

落書き

ポーズと〜すぎる動物を描くところから始めたけれど、結局ただの落書きに収束した。

一時しのぎ

前回ブログ更新時にCSSが正しく機能しておらず原因を探ったところ、当初思っていたところとは異なるところでエラーが発生していたので覚書。

ファイルがおかしくなっていた

まず初めに行ったのがファイルのチェック。原因は不明だがファイルがおかしくなっていた。

正常な状態ならCSSファイルのURLを直接アドレスバーに貼り付けるとテキストデータが表示されるはずだが、なぜかダウンロードが始まってしまう。

修正できなかったので仕方なくデータを新規作成し元のデータをコピペして復旧。テキストデータが表示されることを確認し、ブログテンプレートのURLを書き換え更新。

当初はこれで直ると思っていた、しかし直っていなかった。

偶然見つけた原因

コンソールを表示するとエラーが発生していた。

原因が分からずしばらく悩んだが、とりあえず外部ファイルをGoogleDriveからDropBoxへ変更してみた。

直った。

やれやれと思いつつ、いつもの癖で短縮URLに張り替えると、同じエラーが発生した。

原因が特定できた。

知らないところで何かが起きていた、かもしれない

当ブログはLessを使用しており、短縮URLでエラーが出ることをしらなかった私の知識不足が原因だった。

もしかするとJavaScriptからファイルを読み込む処理全般で同じエラーが出るかもしれないが、今は確認する必要がないので放置しておく。

GoogleDriveからのHostは(私の)知らない間に仕組みが変わっていたということ。

現在はリダイレクト先のURLを貼り付けて動作させているが、これも知らない間に変更されてしまうかも知れない。

とりあえず一時しのぎ。

2014年6月17日火曜日

落書きとメモ

※CSSの調子が悪いようです。原因は分かっているのでなるべく早くに修正したいと思います。

メモ1:臓器バイヤーの娘。知っている人(元恋人、同級生、あの時の人、etc.)が犠牲者となって目が醒める。この後、父親を殺すか組織を壊滅させるのが定型。臓器を移植された人間が敵対関係になるか協力者となるか。いくつかのパターンを考えてみたが、良さそうなものは当然既出。いつまでも持っていると次のアイデアの邪魔になるので開放する。

メモ2:レイバー。労働価値単位。1レイバー=1時間で1,000円の価値を生み出す労働力。
用例1:時給850円の仕事は0.85レイバーに相当する。
用例2:1レイバーの作業を30分で行える人は2レイバーの能力を持つ。熟練工などが該当する。
用例3:1レイバーの仕事に対し850円が支払われた場合、0.15レイバーを搾取されたという。交通費、社員割引などで補填されている場合もある。
その他。一般に作業が簡単か職場環境が悪いとレイバー数が低い傾向にあると思われる。ちょっと思いついただけなのであまり深く考えていない。

2014年6月14日土曜日

軍師を探して三千里 -ホージョー様-

戦記物を描いてみたいなぁと思い、軍師を誘ってみました。

放浪の学者が救われた村に恩返しとして住み着いたパターン。

このタイプは絶対に戦争に加担しないでしょう。彼を仲間にしたい場合は、村を壊滅させて運良く彼だけ生き残るイベントを用意しなければなりません。特に彼を慕う村娘が登場すると効果は抜群です。
心が痛みますが戦争中だから平和を求める物語が成立するのだと割りきりましょう。

...割り切れないので、彼を誘うことは諦めました。

2014年6月6日金曜日

惑星開拓-集団感染編と囲碁日記

漫画設定

移住先の惑星には人を狂わせ人から人へ感染するウイルス性バクテリアが存在していたという設定。

バクテリアを殺すための殺虫剤が母星にしかなく取り寄せることになる。物語はそれまでの期間を描くドラマ。

別設定:移住先に対バクテリア用兵器が用意してあったため研究者がバクテリアの存在を知りつつ隠していたことが分かり憤るが、生き残るため宇宙エレベーターのある場所までの逃避行を描く。

絵はありません。

囲碁日記

本日のGoogle先生は囲碁をテーマにしており、秀策先生が取り上げられていました。盤面をよく見ると...憎い演出。
それに合わせて、先日行われた本因坊戦。内容は級位者には全く分からない難解な碁でしたので触れることが出来ません。しかし趙治勲先生の漫才解説は分かりやすく楽しく、笑いながら考えるという不思議な時間を体験出来ました。

2014年6月4日水曜日

宇宙開拓史-実務編

よくある惑星移住の話。色々空想しているが、とりあえず人間を送り込む前、ロボットを用いての作業やそこで生活する際のシミュレーションをする期間のさわり。

個人的な見解として、惑星の開拓をするようなテクノロジーが存在する時代に生身の人間がこのような形で作業に携わることはないだろうと考えています。
しかしそれに代わる手段を空想できるほど勉強しておらず、ある程度生身の(それに準ずる)人間が登場しないと楽しめるものに出来ないのが私の現状です。

2014年5月31日土曜日

もなかの野望-アプリコンペ編

主人公の通う学校にいくつかの企業が新しい携帯端末の試用を持ちかけた。若者の声を聞きたいという設定。

その端末に載せるアプリの開発で優秀なものには賞金が出るという話になり、よく分からないけど楽しそうなので主人公は周りを巻き込みながらアプリ開発に名乗りを上げる。

だいたいそんな話。

ギャグ、まじめにアプリの開発工程を思索したりベンチャーしたり、複雑な人間関係、恋愛、バトル。針路が全く定まっていないので、どうにもならない。

2014年5月29日木曜日

調整とかくしゃみとか

描き心地はその時の気分もあるので一区切り。メモちっくに適当な絵を一枚に押し込めるこのスタイルが気に入ったのでしばらく続けてみる。後先考えない私の気まぐれな画風にも合っている。

海外アニメの学習用に某雪の女王のある特別映像を見ていて、思わず吹き出してしまったのでくしゃみを練習。あのオチはこれぞというもので、ああいうセンスが欲しいと思った。

Memo.表情筋の動き。動きの笑いを静止画で表現する方法。

2014年5月27日火曜日

調整は続くよどこまでも

引き続きお絵かきツールの設定調整。描き心地は十分満足、慣れてしまったので使い勝手も良好。

いままで主線と副線を同じ太さで描画してきたが、今回は分けてみた。改善の余地はあるものの、絵が見やすくなったように感じる。

手描きをする際の見本は宮崎駿氏のコミック版風の谷のナウシカ。モブとか群衆が好き。
海外の3Dアニメも好きなので、立体感のある、そのまま着ぐるみにできるような絵を混ぜて、独自性を見出してみたいと考えている。けれど、平面絵を描いてきた期間が長く、その手癖との折り合いを掴むまでしばらく苦しむだろう。

今欲しい言葉を昨日の本因坊戦観戦時に得た。駑馬十駕。努力あるのみ。

2014年5月24日土曜日

不具合、ツール変更、調整中

環境

Ubuntu14.04,Wine1.6.2

不具合

あるツールではタッチしていないのに線が引けてしまう。別のツールでは筆圧感知が働かない。原因は不明。

Linux用線描ツール

AzSkyさん制作のAzDrawingを利用してみたところ、問題なく描画できたのでペンタブの故障ではないみたい。ひとまず安心。

ツールを変えたのでペンの調整がてら落書きしてみる。前使っていたものとの違いに戸惑うが、これだけ描くとこれに慣れてくる。不思議。

2014年5月22日木曜日

恨み姫

昔々ある王国でお姫様が生まれました。国中お祭り騒ぎでお姫様には多くの贈り物が届きました。

すくすく育ったある日のことお姫様はつぶやきました。

王様とお妃様は困ったので占い師に相談しました。

占い師は困ったので、お姫様が贈り物の中でも特にお気に入りのぬいぐるみに濡れ衣を着せることにしました。

その後とその他

恨まれた人が他人にその恨みをなすりつけ合う話。哲学的なものではなく、不幸に振り回される様を見たくて描き始めたような気がする。

ペンタブが原因不明の不具合に見舞われ、絵が非常に汚くなってしまった。原因の究明と解決をせねば。

2014年5月15日木曜日

ドロネー図

ランダムに配置した点を三角形に分割する方法であるドロネー三角分割に出会えたものの、作り方が分からずライブラリーを使わせていただくことにした。おそらく自分で作った場合この実行速度は得られないと思うのでこれでよかった。

リンク:ironwallaby/delaunay-GitHub

使い方のメモ

var vertexes = [[x0, y0], [x1, y1], ..., [xn-1, yn-1]];

var triangles = Delaunay.triangulate(vertexes);

入力に点データを与えると、点インデックスの配列が返ってくる。3個で三角形一個分のデータ。面として扱う場合はこのまま使えるが、辺を取り出す場合は重複チェックをする必要がある。

console.log(triangles);
[3, 5, 2, 8, 9, 0, ...]
//例えば上のような結果が返ってきた場合、
//三角形は
var triangles2 = [[3, 5, 2], [8, 9, 0], ...];
//辺は
var edges = [[[3, 5], [5,2], [2,3]], [[8, 9], [9, 0], [0, 8]], ...];
//となる。

三角分割が終わったのでこれを利用したShortestPathをタスクに追加。

2014年5月10日土曜日

倉庫

昨日の名人戦は加藤先生のお話でとても充実した時間となりました。

それとは別に、少し時間が出来たので古いファイルのバックアップを読み返していました。手元にあるのは2012年あたりのものからで、総量600M程度。その頃描いていた絵はまだ師匠に近づこうとしていたことがにじみ出ていて懐かしくなりました。肖像権の都合で上げられませんが。

その他のものとしては、昔がんばっていた3DCGもありました。

上の絵は久しぶりにBlenderで作ったものですが、操作方法を完全に忘れてしまったので思い通りになりませんでした。当時はこのような石を組み合わせたオブジェクトを作ることにはまっていたことを思いだしました。
レンダリング時間が結構かかり、今のPCではさすがに本格的に取り組む気にはなりません。

これからやりたいこと。あるアルゴリズムに出会ったのでそれを少し。漫画の設定が一個あるのでそれを少し。イラスト少々。将棋少々。これくらい。

2014年5月3日土曜日

うちのボナンザは弱かった

ボナンザさんとの二枚落ちに勝利し喜んでいたが、何かがおかしい。二桁級の私がこんなに簡単に勝てるはずがなく、いろいろと調べてみたら驚愕の事実。単純計算でうちのボナンザさんは第三回電王戦を戦った戦士たちの150分の1の戦闘力しかない(どんぶり勘定)。

YSSと彩のページは三回戦で豊島先生と対戦したYSSさんの開発者である山下さんのホームページですが、ここでその時のログが公開されています。

これを眺めてみたら、npsの値が約4.5M出ております。大雑把に言って一秒間に450万手を読んでいるという意味です。ちなみにうちのボナンザさんは32Kです。3万2千手です。

ログでは1手指すのに10億から20億手くらい読んでいるみたいなので、YSSさんは4分から8分ほどで1手を指します。

おなじことをうちのボナンザさんにやってもらおうとすると、10時間から20時間ほどかかることになります。メモリが足りなくてその前に落ちると思いますが。

ここまで能力に差があると、うちのボナンザさんの力がどの程度のものなのか全く分かりません。

目標が初段なので初段のコンピュータが何手読むか分かれば、npsで割って適当な秒読み時間を設定できるのですが調べても参考になりそうなデータに当たらなかった。調べる時間を無駄に使うより、我慢できる限界で適当な時間を設定して将棋を指すほうが良いと判断したのでとりあえずここまで。

2014年5月2日金曜日

ファミリーシアター

GIZMODEさんの記事に映画の視聴値段がスクリーンサイズで変わるかも知れないというものがあった。
別件で、ラジオを聞いているとマナーとか子供の話とかを耳にするので、これと合わせてファミリーシアターを考えてみた。

カラオケボックスに100インチ位で映せるプロジェクターを設置して、現在上映中のものや過去の作品を鑑賞できるようにしたらどうだろうか。防音されているプライベート空間なので、好きなものを飲み食いしながら見られるし、子供がはしゃいでも気にしなくていい。

集金の仕組みとか配信方法とか盗撮対策とか問題は色々あるだろうが、アイデアを出す人には関係ないのでアイデアだけ出してみた。

いくつかのワードで検索してみたが出てこなかったのでまだないのだろう。どこかで似たようなことをしていたような話を聞いた気がするが思い出せない。

二枚落ちへ向けて

今年の目標であった絵を一枚描くはクリアした。
次に何をしようか考えていた時、ニコニコ超会議でやっていた囲碁・将棋を見ていたら、死ぬまでに初段くらいになりたいという長い目標に向けて少し歩いてみる気分になった。

2014年4月27日日曜日

枯れた技術

師匠の絵に出会って惚れ込んではや十数年。五年かけて基礎を掴み、さらに五年ほど使い込んだ線引きは技術的にこれ以上の向上は見込めず、おそらく枯れている。数年前から師匠を追うことをやめ、別の画に師匠の技を混ぜることで自分の求める何かが生まれないかと試行錯誤しているところだが、なかなかこれというものに出会えない。気長に待つ。

漫画っぽくなってしまう癖を変えたいと思っているが、モデルのトレースをしてもそうなってしまうからそういう個性なのかもしれない。ただの悪癖かも知れない。

2014年4月26日土曜日

惑星運動

シミュレーション動画を眺めていたら作ってみたくなったので、

2014年4月25日金曜日

少し頑張る

気分転換に和服の女性を描いていたら、今までと少し違う趣になったので少し頑張ってみる。この下描きと粗塗りからどう変化するか、数ヶ月か数年ぶりに楽しく絵を描けそう。

kd tree

kd treeの教材を見ていて、壁を作る線を交差しないように各点を結ぶ線を引いたら何か見つかるような気がしたが、何も見いだせなかった。

2014年4月24日木曜日

気分転換

久しぶりにプログラミングに漬かったものの、知識が増えただけで終わってしまいそう。応用範囲が広く無駄にはならないと思うが、何か一つ残したかった。

気分転換に赤子を描いてみようとしたが、何をしようとしているのかとか、周りに何があるかとか、状況設定が浮かんでこなかった。無理に進めてもどうにもならないので、中途半端だがここまで。

2014年4月19日土曜日

Shortest Path

最短経路探索

5,000個のサンプル(描画時間、約10s)

ゲームを作っていた頃に欲しかった知識ですが、さらに昔に遡ると、雷を描画するようなツールを作りたかったこともあって、これで何とかなりそうな感じがしたので学習を深めるために作ってみることにしました。

左は完成品で描画してみたものですが、期待通りのものが出来ました。ひ弱な私のPCでは5,000個でメモリが不足しはじめました。

2014年4月14日月曜日

深い森のトロル

はじまり

なんやかんやあって、田舎に住む祖父母に会いに来た3人の子どもたち。

(中略)

出会い

いくつか出会いのパターンを考えた、その中の一つ。

どこかで失くしたスマホを探していたxxxは、いとこと森で遊んだ時に落としたのではないかと思い森に来ていた。

(中略)

変な生き物に気を取られていたが、それが持っているものに気が付き我に返った。

追い続けると森が開けているところに出てきた。そこで彼女が見たのは、

以下略

年老いたトロルを見たかっただけなので、全体的に何も考えていません。